チリにおける持続可能な沿岸漁業及び養殖に資する赤潮早期予測システムの構築と運用 (Monitoring of algae in Chile)
JA/ EN/ ES
2018 10.18

Kickoff ceremony was held on 2018.9.5 at Santiago, Chile.

scroll
TOPICS
ALL TOPICS
ニュース
2020.11.26
中央水産研究所 長井博士 広島大学を訪問し「1 Day」DNAシーケンスを実施

  2020年11月3−6日まで、SATREPS MACHプロジェクトの枠組みで、中央水産研究所 長井博士が広島大学 環境遺伝生態学研究室を訪問しました。   赤潮の消滅に関わる海洋微生物を迅速に見つけ出すことで赤潮の消 […]

ニュース
2020.11.19
赤潮藻類を現場で検出するための「スーツケースラボ」に関する論文を発表しました

  2020年11月、MACHプロジェクトのチリと日本の研究者は「Suitcase Lab: New, portable and deployable equipment for rapid detection of s […]

ニュース
2020.11.14
メタゲノムシーケンスライブラリー調製のプロトコルを公開しました

  2020年10月23日、MACHプロジェクトのチリと日本の研究者は「16S and 18S Metabarcoding analysis for Chilean coastal waters harmful alga […]

ニュース
2020.11.12
チリにおける有害藻類赤潮モニタリングに関するプロトコルを公開しました

2020年10月20日、MACHプロジェクトのチリと日本の研究者は、「Protocols for Monitoring Harmful Algal Blooms for Sustainable Aquaculture a […]

ニュース
2020.09.30
チリ国営テレビ (TVN)でMACHプロジェクトが紹介されました

2020年9月11日金曜日にSATREPS MACHプロジェクトがチリ国立テレビ(TVN)の「Exploradores」という番組で紹介されました。番組では、ラフロンテラ大学(UFRO) Milko Jorquera 教 […]

ニュース
2020.09.04
プロジェクトのラボバスがUFROに到着

  2020年8月初旬、SATREPS MACHプロジェクトの枠組みで、研究及びアウトリーチ活動を実施するためのラボバスがラフロンテラ大学(UFRO)に到着しました。このラボバスはSATREPS MACHプロジェクト予算 […]