チリにおける持続可能な沿岸漁業及び養殖に資する赤潮早期予測システムの構築と運用 (Monitoring of algae in Chile)
JA/ EN/ ES
2018 10.18

Kickoff ceremony was held on 2018.9.5 at Santiago, Chile.

scroll
TOPICS
ALL TOPICS
ニュース
2021.11.05
SATREPS MACHプロジェクトの研究がメキシコで開催された 第19回国際有害有毒藻類学会(ICHA 2021)で発表されました

去る10月10日(日)から10月15日(金)にかけて、第19回国際有害有毒藻類学会(ICHA 2021)がメキシコオンライン開催されました。(https://www.icha2021.com/Secciones/inic […]

ニュース
2021.11.05
UFRO開催ウェビナーにおけるMACHプロジェクトの紹介

9月13日、ラフロンテラ大学(UFRO)の応用微生物生態学研究所(EMALAB)が主催するウェビナーで、SATREP MACHプロジェクトの進捗状況が紹介されました。「Understanding the role of […]

ニュース
2021.11.04
IFOP有害藻類研究センター(CREAN)と協働で ロスラゴス大学での研究活動が進捗

2021年9月30日午後、ロスラゴス大学(オソルノ市)のSATREPS MACHプロジェクトのラボアシスタント(バイオ技術者)であるMs. Vergaraが、漁業振興研究所(プエルトモン市)のCREANセンターを訪問しま […]

ニュース
2021.08.03
「そろばん」サーバの使い方のページを整備しました

 ラフロンテラ大学科学計算・モデリング研究センター(UFRO-CMCC)のホームページ上に、プロジェクトの研究用サーバ「そろばん」の紹介ページ(link)と使い方のページ(link)が整備されました。今後サーバ環境がさら […]

ニュース
2021.07.31
MACHプロジェクトはJICAチリ支所との対面会議を再開

JICAチリ支所藤田敦子氏(プロジェクトコーディネーター)がLa Frontera大学を訪問  7月27日(火)、国際協力機構(JICA)チリ支所の藤田敦子氏が、MACHプロジェクトリーダーであるLa Frontera大 […]

ニュース
2021.07.21
MACH研究者がCarahue市議会に参加

MACH研究者がCarahue市議会に参加、プロジェクトの進捗と今後の活動について発表を行いました  7月19日(月)午後、MACHプロジェクトでは、研究代表者のミルコ・ホルケラ教授がCarahue市(ラ・アラウカニア州 […]